後頭部ハゲ(O字型脱毛)の改善

ハゲ対策なら【はげ図書室】

MENU

後頭部ハゲ(O字型脱毛)の改善・回復

ここではAGAの症状の一つである後頭部ハゲいわゆるO字型脱毛の特徴や改善方法をまとめましたので、現在薄毛や抜け毛で悩まれている方は今後のハゲ対策として参考にしてみてはいかがでしょうか。

 

O字型脱毛とは?

 

O型ハゲの特徴は頭頂部付近の毛が薄くなり抜けることによりアルファベットのO字のようにハゲてしまい最終的には後頭部と側頭部にのみ髪を残した状態となります。日本人の男性の多くはこの後頭部ハゲに悩まされていると言っても良いようです。M字のように前髪を下すことで多少は隠すことができますがO字型脱毛は隠すことができませんので明らかにハゲだとばれてしまいます。

 

また頭のてっぺんや後頭部の薄毛、抜け毛は意外にも気がつきにくく床屋さんや他人に指摘され発覚することも多いようです。

 

後頭部ハゲは改善しやすい?

 

AGA男性型脱毛症による一つの症状とするのがO型ハゲでもあり薄毛、抜け毛の原因とするのは生活習慣、ストレスの他一番の要因とするのが男性ホルモンが関係すると言われています。またM字型とO字型が同時進行する場合もあり、後頭部ハゲが特別に改善されやすい部分とは一概にも言えないようです。

 

そこで薄毛や抜け毛など若いうちから症状があらわれたという方は早急な対策により完全なハゲとなることを食い止めることができるとしています。

 

医療機関で受診することが大事!

 

ハゲは命に関わることではありませんので多少の抜け毛や薄毛なら気にならないという方も多いのではないでしょうか。しかし50代、60代ともなれば諦めがつきますが20代、30代のハゲとなればコンプレックスとなることは言うまでもありません。なかにはハゲをネタに人気の芸能人もいますが実際にはふさふさの髪が羨ましいとしている方も多いようです。

 

そこでまずはAGA専門クリニックなどで診断してもらうことで原因を突き止めることができ、これからの治療法や対策を講じることができるとしています。O字型脱毛もAGAと変わりありませので早期治療により薄毛、抜け毛をなくしハゲを阻止することができます。

 

何よりも早めの治療が重要としていますので20代だからまだ大丈夫なんて安易な考えでいると後々後悔することが目に見えています。

 

円形脱毛症もAGA?

 

10円玉ほどのハゲができる症状で徐々に抜け落ちていく男性型脱毛症とは違く、気付いたらハゲていたという方が大半としています。また多発型や蛇行型など症状はいくつかありますが多くは単発型として一カ所としていることが多いようです。

 

その原因としてストレスが多くあげられますがそれだけではなく免疫疾患やウイルスによるものなども原因としており円形脱毛症とAGAとは明らかに違うものでその治療法やその後の経過においても全く異なります。

 

円形脱毛症は治療することで元の状態に戻りますので気づいたら直ぐに近くの皮膚科に受診することをおすすめします。あえて美容形成外科などに行く必要はなく一般の病院で保険もききますので安心しても良いようです。