ハゲ予防は食事が肝心?

ハゲ対策なら【はげ図書室】

MENU

ハゲ予防は食事・栄養バランスが肝心?

薄毛やハゲ対策の予防として食事は大切?気になる方は多いのではないでしょうか。20代の頃ではそれ程気にならなかった薄毛も30代、40代になるとかなり深刻な問題としている方も少なくないようです。そこでAGA治療クリニックに行くにはまだ積極的になれない方も食事だけでもあえて気を付けることで多少はハゲ予防ができるのではないかと関心も高いはずです。

 

お金をかけずに低安で自分なりのハゲ対策を食事で講じることができればうれしいことでもあり節約となります。ここでは20代ですでに兆候が見え始めたかたや家族や親戚にハゲが多いという方は積極的な食事改善によりAGA対策としてみてはいかがでしょうか。それでも変わらず抜け毛や薄毛などが進むようでしたら専門クリニックで無料カウンセリングすることをおすすめします。

 

ハゲ予防には亜鉛が効果的?

 

人体に必要なミネラル16種の中の一つとして体内で生成することができませんので食べ物から摂取する必要があります。髪を構成する成分の99%を占めているといわれるのがタンパク質のケラチンとなりますがこの時亜鉛が不足していればケラチンが生成されず、健康な髪の成長が留まってしまうことが考えられます。

 

また男性のハゲ、薄毛が多い理由として男性ホルモンが関係されておりその1種であるDHTが増えると皮脂分泌が過剰となり毛の成長を妨げてしまうことが分かっています。亜鉛はそのDHTをブロックする作用がありますのでここでまた亜鉛不足によりハゲへの影響が考えられます。

 

そこで毎日の食事に気をつけバランスの良いメニューのなかに亜鉛を含む食材も取り入れることでハゲ予防として効果が期待できるとしています。

 

亜鉛が多い食材

 

カキは亜鉛含有量13.2mgと4~5個摂取すれば1日分の必要な分を体内に摂り入れることができます。その他ビーフジャーキーにアーモンドナッツ類、煮干しであれば出汁を取る際に使うのがお手軽としています。そしてレバーでは豚肉が含有量が高く牛肉であれば赤みに多く含まれています。

 

亜鉛不足の原因とは?

 

  • インスタント食品に頼った食習慣
  • ストレスにより亜鉛が消費されてしまう
  • アルコール分解による亜鉛の消費
  • 疲労や過度の発汗、射精による亜鉛の消費

 

毎日の生活習慣を改めることでハゲの要因である亜鉛不足を無くすことができるとしています。その中でもハゲ予防として食事も肝心として積極的に亜鉛含有量の多い食材を積極的に摂取することを心がけたいものです。

 

そして頭皮の栄養状態が悪くなると毛髪の栄養状態にも関わり脱毛を引き起こす引き金ともなりますので、則正しくバランスの摂れた食生活は体調はもちろん頭髪や地肌の健康にとっても重要としています。

 

AGA治療薬のプロペシアとは?

 

男性型脱毛症の進行を抑制するためののみ薬としており前立腺肥大や前立腺がんの治療薬として開発された医薬品としていますがその副作用として異常発毛がみられたことから注目されるようになったようです。

 

そこで薄毛や抜け毛の原因となる毛母細胞の働きを抑えるDHTという強力な男性ホルモンを抑え脱毛を防ぐ働きがあることがわかりました。そして服用して3カ月位で抜け毛が減ってくるとした効果がありますが継続的な服用が必要となるようです。